腕時計のベルトお手入れ
時計のお手入れ

腕時計のベルトお手入れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
腕時計のお手入れ

大切な人へのプレゼントの特別な腕時計ですので長く大事に使って欲しいです。

そのため日頃のお手入れが大事ですね
金属ベルトと革ベルトではお手入れの方法が異なりますがご存じですか?

 

ベルトのお手入れ

腕時計のパーツの中でも一番汚れやすい、ベルトのお手入れについて書きました。

 

金属ベルト

まずは、金属ベルトの表面や隙間の汚れを落とします。
薄い石鹸水を軽くつけた柔らかい歯ブラシなどでやさしくこすって洗ってください。

その後、石鹸成分がベルトに残らないように
きれいな水をつけた柔らかい歯ブラシなどで石鹸成分を取るようにやさしくこすってください。

次に、ベルトに水分が残らないように、柔らかい布で水分を拭き取ってください。

※防水ではない時計の場合には本体に水がかからないように十分ご注意ください。

洗浄の後はコマとコマの間に水分が残っている場合がありますので
通気性のよい所で十分乾燥させてください。

 

石鹸水の代わりに皮脂汚れを落とせるメガネ用シャンプーを使ってもいいかもしれません。

 

革ベルト

革ベルトは金属ベルトと違いまめにお手入れをすることで革の寿命を延ばすことができます。
革ベルト劣化の一番の原因はなんといっても汗です。

革は金属と違い、汚れや汗が革の内部へ浸透しまうことです。

たくさんの汗をかいたり汚れたら、できるだけ早く
柔らかい布で軽く叩くように水分を拭き取ります。
強くこすると色落ちしたり、つやが失われたりするおそれがありますのでご注意ください。

その後、直射日光のあたらない風通しの良い所で水分が抜けるようにされると良いです。

※万が一、濡らしてしまった場合、あわててドライヤーなどで乾燥させると
 革が縮んでしまうので絶対にしないでください。

本体についた汗や水分などは錆の原因になりますので、吸湿性のよい柔らかい布などで拭き取ってください。

また、お手入れの際には、電池は時計から取り出さないでください。
電池が切れたまま長期間放置すると漏液などで故障の原因となることがありますので
お早めに交換をご依頼ください。

 

シリコン・ラバーベルト

革ベルトと異なり汗が内部へ浸透することはありませんが
汚れがついたら早めにお手入れしましょう。

まずは、柔らかい布で汚れや水分を拭き取ってください。
それでも、汚れが落ちない場合には、ティッシュに薄い石鹸水をつけ
やさしくこすり、汚れを取り除いてください。

その後、汚れが落ちた部分を水をつけたティッシュでやさしくこすり
石鹸成分を落とすよう何度か繰り返してください。

※シリコン・ラバーベルトは歯ブラシなどのブラシで汚れを落とすと
 ベルトに細かいキズがつき、そこに雑菌が繁殖しますのでブラシを使わず
 布やティッシュを使ってください。

 

特別な腕時計ですの大事に長く使っていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントをどうぞ 【名前】はニックネームでかまいませんが必須です